アフターピルで妊娠回避

アフターピルで避妊失敗しない為に必要なこと

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれる薬で、性交渉後72時間以内に服用することで、妊娠回避ができます。日本では、妊娠回避の方法としてコンドームが一般的となっていますが、コンドームを装着したとしても100%の避妊効果を得ることができません。また、このことから避妊には男性に頼っていることも見えてきます。

性交渉をしていても、簡単に妊娠をしないようにしていることで良く耳にするのは「コンドームをしている」や「中出ししないようにしている」など女性が行動することはありません。ほとんどが男性主体の避妊方法ですから、女性が自分で自分の身を守る必要があります。

低用量ピルは、毎日服用することで避妊効果を得ることができ、女性が自分で身を守ることができる方法として、欧米では一般的となっています。アフターピルは低用量ピルとは異なり、性交渉後に服用することで緊急的に妊娠回避ができる薬です。

アフターピルの成功率

アフターピルは避妊に失敗した性交渉後72時間以内に服用することで、妊娠を75%以上防止することができます。どうして72時間以内なのかというと、受精から着床するまでの時間と深く関わっています。一般的に受精から着床までには約7日かかります。

アフターピルを服用して、人工的に子宮内膜を剥がすには、早くて72時間かかりますから、その間に緊急避妊薬を服用することで、妊娠を防止することができます。ただ低用量ピルとは異なり、緊急避妊薬を飲んだからといって100%妊娠回避できるわけではありませんから注意が必要です。

アフターピルで有名なのはアイピルという薬で、こちらは通販で購入することが可能になっています。

緊急避妊薬を飲んでも失敗する理由

避妊失敗する原因
緊急避妊薬は、その名前の通り妊娠の可能性がある場合、緊急的に服用するために作られた薬です。ただ、中には緊急避妊薬を飲めば妊娠回避できると思いこみ、きちんと消退出血が起こって結果がわかる前に再びセックスをしてしまうという行為を繰り返してしまう人もいます。

緊急避妊薬を飲んでも100%妊娠を防止することはできませんし、含まれているホルモン量が多いため、副作用も強く体には大きな負担をかけることになります。さらには服用後の生理周期を乱すことにもつながる可能性が高いので、短期間での服用を繰り返すことで吐き気や嘔吐などの副作用も強くでる場合があります。
また血栓症のリスクも引き上げることになりますから、乱用するのは危険です。

副作用で吐き出してしまった時には

緊急避妊薬を服用しても失敗してしまったという場合、考えられる理由としては服用後に副作用で吐き出してしまい、有効成分がとどかなかったということが考えられます。万が一服用後3時間以内に嘔吐してしまった場合には、体内に吸収されていない可能性が高いので、もう一度服用する必要があります。

緊急避妊薬には2回服用タイプのプラノバールと、1回服用タイプのノルレボ錠があります。特に、プラノバールは元々生理痛などの改善薬として処方されていた中用量のホルモン剤なので副作用も強く、吐き出してしまうリスクも高くなります。
また、1回目の服用から12時間後にもう一度服用する必要があり、飲み忘れると避妊に失敗してしまいますから、用法には十分注意が必要です。

失敗しないための対処法

アフターピルで失敗しない為の対処法とは
ピルは世界中で広く使用されている経口避妊薬ですが、含まれているホルモン量が多いほど副作用が出やすくなっています。低用量ピルはホルモン量が少ないため副作用が少なく、毎日飲み続けることで高い避妊効果を得ることができます。一方緊急避妊薬や中用量ピルはホルモン量が高く急激にホルモンバランスが崩れてしまうため、副作用が強くでるリスクも高くなってしまいます。

中用量ピルのプラノバールは性交渉後72時間以内に1回服用し、さらに12時間後にもう一度服用することで正しい避妊効果を得ることができます。一方緊急避妊薬のノルレボ錠は、72時間以内に1回服用することで妊娠を阻止することができますから、飲み忘れの心配もありません。

そのため、それぞれの用法・用量を正しく守って服用することが妊娠を防止するためには重要となります。できれば、性行為から24時間以内に服用することで、より高い避妊効果を得ることができますから妊娠を望まないのであれば、常に携帯しておくと安心です。

妊娠の確認

緊急避妊薬は中絶薬ではありませんから既に妊娠している場合、服用しても何の効果も発揮しません。逆に副作用を強くするだけの薬となってしまいますから、妊娠している可能性がある人はできるだけ妊娠検査薬を使って妊娠の有無を確認するようにしましょう。

コンドームを使っていれば妊娠しない。中出ししなければ妊娠しない、などと間違った知識をもっている人が少なくありません。
ただ望まない妊娠をした時に困るのは女性ですから、正しい知識を持って自分の身を守ることが大切です。緊急避妊薬は、性交後に妊娠を防止できる最終手段で、中絶手術などを避けるためには有効な方法です。

正しく服用しても、かならず妊娠を防止できるわけではありませんから、日頃からきちんと対策をとっておくことが重要です。妊娠を望まないのであれば低用量ピルで避妊をし、緊急時に使用できるように通販などで緊急避妊薬を入手しておくと安心です。