男性に頼らない避妊をする

性交渉後に使うアフターピルは服用が容易なため世界各国でも避妊薬として知られています。欧米では特に女性が自分の身を守ることができる避妊薬として知られていて、店頭販売もされ薬局でピルを購入することもできるのです。

国外では性交の際、低用量ピルやアフターピルといったピル系の避妊薬が用いられているのが一般的で多くの女性がパートナーとの性交の時にピルを使用します。他にも避妊手術を受ける女性もいます。外国では女性が主体となり避妊をするのです。

しかしコンドームに頼る国である日本人の視点からしてみれば避妊薬であるピルを使うのは抵抗もある女性もいるでしょう。なぜ世界では一般的なのにも関わらず日本ではアフターピルや低用量ピルが浸透していないのでしょうか。

日本人女性が考える避妊

もやのかかる風景
日本人の多くがコンドームを主体とした避妊方法を利用しています。日本人女性の多くが男性だけに避妊を求めます。しかし、コンドームの避妊率は84%と言われています。男性側がいくらコンドームで避妊をしても妊娠してしまう確率があります。

コンドームは爪や摩擦などで破れてしまう恐れがあるからです。しかし、アフターピルの場合は98%の確率で避妊をすることができるのです。欧米では性教育がしっかりされているため避妊についてもしっかり教育を受けています。
そしてある程度の年齢になるとピルも購入することができるのです。日本人女性はピルへの知識がないため敬遠されがちです。そして男性だけの避妊になります。コンドームを着けずに外出しをするカップルもいるでしょう。

しかし、コンドームが破損した時や外出しをしていたとしても精液が膣内にでてしまっている可能性があるのです。それではいつか妊娠してしまいます。男性だけの避妊は完璧ではないからです。やはり男性側が避妊するよりも女性側が避妊をする方が効果は高いと言えます。

アフターピルで避妊をすることの大切さ

アフターピルは性交後の服用で避妊をしてくれます。ですが短期間で服用してしまうのは体へ負担が掛かってしまいます。その為、アフターピルではなく毎日服用することで避妊をしてくれる低用量ピルを服用している女性もいます。

また普段の性交時はコンドームを装着しコンドームに破損が見られた場合にアフターピルを使用する女性もいます。妊娠を回避したいのであればいざという時にアフターピルがあると安心できるでしょう。最近は日本人女性でも通販で購入して備えている女性も多いようです。

アフターピルに頼る危険性

アフターピルが避妊に頼り過ぎているからといってアフターピルばかりに頼るのは体に負担が掛かります。またアフターピルを頻繁に服用していると避妊の成功率も下がってくるのです。あくまでもアフターピルは避妊に失敗した時に使用する緊急避妊薬ということで、毎回使っていい避妊薬ではないのです。

避妊を継続的にしたいのであればコンドームを着用するかアフターピルでなく低用量ピルを服用した方が確実に避妊をすることができます。

日本ではあまり知られてはいないが海外ではアフターピルを使う女性も多くいるのです。最近では日本人女性の間でも知られるようになってきました。ほとんどの女性は産婦人科からの処方を受けています。しかし通販で購入する女性も増えてきています。料金も病院といった医療機関よりも安く購入できることから通販が人気となってきているのも確かです。

ただ、お医者さんの処方ではないため自己責任になってしまいます。多くの女性が一度お医者さんから処方してもらい次回からは通販で購入しています。

アフターピルの服用頻度

カレンダーに印をつける
アフターピルは何度も服用するのは体に負担が掛かってしまいます。しかし避妊に失敗してしまった場合にどうしても必要になってきます。

アフターピル服用した後、消退出血が確認できるまでは使用を控えてください。というものアフターピルは体内のホルモン濃度を高くした後にホルモン濃度を急激に減らして避妊をするのです。
ホルモン濃度が急激に減ることで消退出血が起こるのですが、出血が起こる前にアフターピルを再度服用してしまうとホルモン濃度が高い状態が続き最初に服用したアフターピルも効果が無くなってしまうのです。

コンドームを使っていたとしても破損の恐れがあるためアフターピルを服用した後は性行為自体を控えた方がいいでしょう。

アフターピルが起こす副作用

アフターピルは元々のホルモンバランスを乱して妊娠を回避させます。体内のホルモンバランスが崩れてしまうことによって副作用が出てしまうのです。アフターピルを服用した女性の半分以上は吐き気や嘔吐といった症状が見られます。

他にも生理周期にバラつきが見られます。アフターピルを服用後は普段の生理周期よりも早く生理が来る傾向があります。しかし普段の生理周期よりも遅れて来ることはないのでもし生理がこない場合は妊娠している場合があるので妊娠検査薬で陰性反応が出ることがあります。服用から3週間経っても来ない場合は調べてみましょう。

持ってて損はないアフターピル

アフターピルは欧米では一般的に広く使用され、日本でも少しずつ広まってきています。
日本では性交渉の際などに、男性側がコンドームなどで避妊対策をするのが一般的ですが、海外ではその常識が必ずしも通じないことがあります。

例えば旅先などで開放的な気分になったり、運命の人ではと思うような人と出会ったときは、時には思い切った行動に出てしまうなんてこともあるのではないでしょうか。
そんな時、あくまでも最終手段の場合のみ限定的な使用にとどめて欲しい避妊方法ではありますが、アフターピルが活躍してくれる場面にもなります。

避妊をする際の一般的な手法としてはコンドームが有効ですし、合わせて低用量ピルを内服することで確実度が上がります。また、体への負担も少なく飲み忘れの防止などからもコンドームとピルの服用がおすすめです。しかしいざという時のためにも、海外旅行にアフターピルを持参することに損はありません。

アフターピルって

アフターピルを知る
アフターピルは名前の通り、事前ではなく事後の対策ができる数少ない薬です。性交渉の後に服用することで、効果を発揮します。
しかし、服用することで吐き気や気分が悪くなる人も多いので、人体に無害とは言い切れません。それは多量のホルモンが含まれたピルを飲むことで起こる副作用です。

ノルレボとプラノバールに大きく分けられる

ノルレボ使用の場合は性交渉の後72時間以内に1度の内服で効果が期待できます。ノルレボを処方する場合は、一緒に吐き気止めも処方されることがほとんどです。
薬を吐き出してしまっては無意味になってしまうので、吐き気止めも一緒に内服し吐き気を抑えます。

プラノバールを内服する場合性交渉の後、72時間以内に1回さらに12時間後にもう一度1回服用する必要があります。服用後に吐き気を感じる方が過半数を超えるため、やはり吐き気止めを一緒に内服します。

服用までにかかる時間によって妊娠回避率が変わる

アフターピルの服用時間
アフターピルが効果を100%発揮するわけではありませんが、24時間以内の服用後に妊娠を回避出来ている可能性は95%以上とされているため、とても高い妊娠回避率であることがわかります。また、性交渉の後72時間以内に飲むことでが望まない妊娠を避けることが可能ですが、その場合75%以上の妊娠回避率であることから24時間以内に飲むほうが良く、早ければ早いほど避妊効果は高く得られます。そのため、妊娠を望まない場合は可能な限り早めに内服することが望ましいようです。

性交渉の後の72時間以内にアフターピルを飲むことで、排卵を遅らせ子宮内膜への着床をしにくくさせることで、妊娠の可能性を低く抑えます。とても便利な薬ですが、服用後は全身の倦怠感や、吐き気などの副作用が半数近くの服用者に表れています。

アフターピルを購入するには

アフターピルを入手するには、産婦人科で処方して頂くのが一般的です。しかし、アフターピルの購入には保険を使うことが出来ません。
診察代や処方箋代を含めた費用は各病院で自由に設定することができるため、価格に大きな差がでています。相場とされている価格にも、5千円前後~3万円程度とかなりバラつきがあります。

お医者さんにお薬を出してもらう以外にもアフターピルを入手する方法はありますが、全て自己責任での購入になります。使用方法や副作用の説明もお医者さんからの対面方式ではないため、アフターピルを初めて購入する人にはあまりお勧めできません。

しかし、手軽に安く購入したい場合便利なのが、WEBサイトなどで個人輸入でアフターピルを扱う業者からの購入になります。こうしたWEBサイトなどでは、お手頃価格でにアフターピルを購入できるメリットがあります。服用方法や副作用をきちんと理解したうえで、あくまで海外旅行のお守り代わりに持っていきたいなどの場合は、こうしたサイトを利用して安く購入する方法もあります。