薬モノクロ

アフターピルに頼る危険性

アフターピルが避妊に頼り過ぎているからといってアフターピルばかりに頼るのは体に負担が掛かります。またアフターピルを頻繁に服用していると避妊の成功率も下がってくるのです。あくまでもアフターピルは避妊に失敗した時に使用する緊急避妊薬ということで、毎回使っていい避妊薬ではないのです。

避妊を継続的にしたいのであればコンドームを着用するかアフターピルでなく低用量ピルを服用した方が確実に避妊をすることができます。

日本ではあまり知られてはいないが海外ではアフターピルを使う女性も多くいるのです。最近では日本人女性の間でも知られるようになってきました。ほとんどの女性は産婦人科からの処方を受けています。しかし通販で購入する女性も増えてきています。料金も病院といった医療機関よりも安く購入できることから通販が人気となってきているのも確かです。

ただ、お医者さんの処方ではないため自己責任になってしまいます。多くの女性が一度お医者さんから処方してもらい次回からは通販で購入しています。

アフターピルの服用頻度

カレンダーに印をつける
アフターピルは何度も服用するのは体に負担が掛かってしまいます。しかし避妊に失敗してしまった場合にどうしても必要になってきます。

アフターピル服用した後、消退出血が確認できるまでは使用を控えてください。というものアフターピルは体内のホルモン濃度を高くした後にホルモン濃度を急激に減らして避妊をするのです。
ホルモン濃度が急激に減ることで消退出血が起こるのですが、出血が起こる前にアフターピルを再度服用してしまうとホルモン濃度が高い状態が続き最初に服用したアフターピルも効果が無くなってしまうのです。

コンドームを使っていたとしても破損の恐れがあるためアフターピルを服用した後は性行為自体を控えた方がいいでしょう。

アフターピルが起こす副作用

アフターピルは元々のホルモンバランスを乱して妊娠を回避させます。体内のホルモンバランスが崩れてしまうことによって副作用が出てしまうのです。アフターピルを服用した女性の半分以上は吐き気や嘔吐といった症状が見られます。

他にも生理周期にバラつきが見られます。アフターピルを服用後は普段の生理周期よりも早く生理が来る傾向があります。しかし普段の生理周期よりも遅れて来ることはないのでもし生理がこない場合は妊娠している場合があるので妊娠検査薬で陰性反応が出ることがあります。服用から3週間経っても来ない場合は調べてみましょう。